ロータリーサイフォン

ケイデント・ジョンソン ロータリーサイフォン は回転シリンダー内部にスプリング荷重によりしっかりと固定されシリンダーと共に回転します。従って、サイフォンとシリンダーシェルとの隙間を最少にする事ができます。その結果、シリンダー内のドレン残留量を少なくし熱伝達の向上と駆動負荷の軽減、水分プロファイル是正が期待できます。
サイフォンサイズは1/2"~1-1/4"までありますが、適正なサイフォンの選定は蒸気圧力、凝縮量、排出差圧によって決定されます。当社に設備の稼働条件を提示いただく事で最適なサイフォンを提案致します。

特徴

  • シリンダーからの良好なドレンの排出
  • シリンダー幅方向でのより高い温度プロファイル
  • ドレン勾配の厚みの減少
  • 駆動負荷の減少
  • 保守の軽減
サイフォンの種類と適正