研究・開発

当社の主力商品であるロータリージョイントは、固定体から回転体へ媒体(蒸気、水、空気等)を供給する回転継手(ロータリージョイント)と呼ばれるもので、使用される媒体を漏らすことなく供給する事が要求されます。
ロータリージョイントが使用される条件は、回転数、温度、圧力等様々で、まず、お客さまの使用条件を確認する事から私共の仕事が始まります。そして、その与えられた条件で最適なのロータリージョイントを選択するのが私共のノウハウです。時には、お客さまの使用条件に合わせて全く新しい製品を開発する事もあり、突き詰めていけば、ほとんどの製品がお客さま使用のオーダーメイド品であると言っても過言ではありません。
そのため、私共は、日頃よりロータリージョイントに使用される材料について、提携先のケイデント・ジョンソン社と共に十分な研究・開発・テストを行い、常に最高のものを提供できるように心がけております。

JOCOテストドライヤー

オプティカルコンパレーター

当社の技術提携先であるケイデント・ジョンソン社では、様々な媒体を漏れなく固定体から回転体へ供給する際に最も重要な役割を果たすシールについて、常に最もよいものを提供する事ができるよう。様々な材料やシール機構の研究開発に最新設備を導入して行っております。
また、ケイデント・ジョンソン社では各業界の使用条件に合わせて製品のテストができるように、それぞれの業界に合ったテスト装置を設備しています。中でも製紙業界向けには、実際に製紙機械で使用されているペーパードライヤーを使用して、お客さまが希望される条件で当社製品のテストをする事が可能です。さらにドライヤー内部の様子をビデオに映し出すこともできる最新の設備を完備しております。