サイフォン種類の適正

一種類の回転シリンダーしかなく、運転条件がただひとつしかないのであれば、正しいサイフォン装置の選択は単純です。しかしながら、そのような条件は存在しません。従って、きめ細やかな点に留意して、最も効果的で信頼性の高いサイフォン装置にしなければなりません。マシンの速度、蒸気圧力、ドレンの負荷、ブロースルー蒸気、その他の運転条件が、全て、サイフォンの選定に影響します。

サイフォンの種類型式回転速度
150mpm以下150-299mpm300-749mpm 750-1200mpm1200mpm以上
30RPM以下30-59RPM60-159RPM160-250RPM 250RPM以上
カンチレバーサイフォン固定式推奨 推奨 推奨 推奨 推奨
パイプ受け式サイフォン固定式推奨 推奨 適応 不適応 不適応
ピボットボディサイフォンエルボ固定式推奨不適応 不適応 不適応 不適応
45°ロッキングエルボ固定式 推奨 推奨 適応 不適応 不適応
スプリングロックサイフォンエルボ固定式 推奨 不適応 不適応 不適応 不適応
ベント式サイフォン固定式 推奨 推奨 適応 不適応 不適応
ロータリーサイフォン回転式 適応 推奨 推奨 適応 不適応
ロータリースクープサイフォン回転式 推奨 適応 不適応 不適応 不適応
推奨推奨 適応適応 不適応不適応

ステーショナリーサイフォン(固定式)

ステーショナリーサイフォンは、固定されており、シリンダーと共に回転しません。回転しないので遠心力に影響されることがなく、必要とされる運転差圧が回転速度に応じて大きくなることはありません。
ステーショナリーサイフォンは、低速、中速、高速に対応出来ます。

ロータリーサイフォン(回転式)

ロータリーサイフォンは、シリンダーの内部に固定され、シリンダーと共に回転します。ロータリーサイフォンが回転するシリンダーと共に動くので、シリンダーシェルに近い位置に設置することが出来ます。それにより、シリンダー内部のドレン量を少なく出来ます。
ロータリーサイフォンは低速、中速、高速に対応出来ます。