ピボットボディサイフォン

ピボットボディサイフォンエルボは、ハンドホールやマンホールを必要とせず、ドライヤージャーナルからドライヤーの中へサイフォンパイプを挿入することが出来ます。従来のサイフォンエルボとは異なり、ピボットボディサイフォンエルボは、ピンで垂直・水平、両方のボディを保持するタイプではありません。このユニークなピンを使用しない設計により、性能と信頼性が向上し、更に、取り付けが簡単になりました。

特徴

利点

ケイデント・ジョンソン ピボットボディサイフォンエルボの設計は、3つの主要パーツ;水平ボディ・ピボットボディ・O-リングで構成されています。両方のボディともステンレス製です。サイズは次の3種類です。

バーチカルレッグホリゾンタルレッグ
Rc 3/8"Rc 1/2"
Rc 1/2"Rc 3/4"
Rc 3/4"Rc 1"

水平パイプと垂直パイプはサイズが異なるのでご注意下さい。垂直パイプは、水平パイプより1サイズ小さくなります。バーチカルレッグのサイズを小さくしてブロースルースチームを制限し、サイフォン組立品の片持ち重量を軽減します。同様に、パイプのネジ部にかかるストレスを軽減し、ロータリージョイントへの水平パイプの固定を確実にします。

サイフォンの種類と適正